おもちの人生色々

自身で経験した事が、誰かのお役に立てたらと思います。可愛い愛猫も登場します。

必要な物を部屋に取りにいき『あれ?なんだったろう…』なんて事ありませんか?『買い物で肝心な物を買忘れる…』etcワーキングメモリの低下です。『手は第2の脳』『ハンドマッサージ』で脳を休めワーキングメモリを解放しましょう~






お手持ちの『ハンドクリーム』で、彼や旦那様、お父さん、あるいは大好きな奥様などにハンドマッサージはいかがですか?(*^-^)…
ちなみに私は"自分”でもんでいます。

もんでくれる人がいないんです。

д゚)チラッ

  目次





f:id:mako-s-kurowassan0411:20190616171857j:plain



ハンドマッサージの効果

ハンドマッサージで手のツボを押すと、身体の不調を改善する効果を得られ、精神的にリラックス出来ます。
手は「第2の脳」と言われ脳と密接な関係があり、ツボを刺激する事で脳の疲労を改善したり、身体のバランスを整える効果があります。脳へ働きかけてくれるので、リラックス効果や質の良い睡眠の向上が望めます。

 

冷え性を改善


手には全身の臓器に繋がるツボがあるので、それらを刺激しながらマッサージを行うと、全身の血行が良くなり、冷え性の改善に繋がります。



浮腫の軽減


体内循環が低下している身体には老廃物や余分な水分が蓄積し身体に溜め込まれてしまいます。ハンドマッサージをする事で、内臓の機能が改善し老廃物を身体の外に排出するため、浮腫が軽減もしくは消失します。




f:id:mako-s-kurowassan0411:20190626105859j:plain
整体&リラクゼーション「癒しの部屋」



脳の活性化


手の動きを司る領域は脳全体の1/3を占めています。手で受けた刺激は脳に伝わりやすいので、手のケアをする事で、脳が活性化されます。ハンドマッサージは認知症や物忘れにも効果があると言われています。

人の脳に、短期記憶をつかさどる場所があり、様々な情報を一時的にここに記憶されます。それは『ワーキングメモリ』と呼ばれ、多種多様な事を判断しています。ですが、忙しすぎたり考える事が多すぎると、脳がオーバーワーク状態となり、ストレスを感じイライラしたりして、『ワーキングメモリ』が正常に働かなくなります。これにより、物忘れやうっかりミスが増えてしまうのです。場合によっては、軽度の認知症を早めてしまう危険もあります。

手は「第2の脳」と言われ、手に刺激を与えることで脳のバランスが良くなり、『ワーキングメモリ』の活性化につながります。

※ ハンドマッサージをすると、ワーキングメモリがよりスムーズに機能することが、実験によって明らかにされています。


ワーキングメモリ(Working Memory)

認知心理学において、情報を一時的に保ちながら操作するための構造や過程を指す構成概念である。作業記憶、作動記憶とも呼ばれる。ワーキングメモリの構造や脳の関連部位を調べる研究が多数行われている。一般には、前頭皮質、頭頂皮質、前帯状皮質、および大脳基底核の一部がワーキングメモリに関与すると考えられている。

ワーキングメモリの研究は、人間の行動実験や脳損傷事例、イメージング研究、サルによる行動実験やマウスを使った脳部位の切除実験など、幅広い分野の研究成果に基づいている。ただし、これらの研究の間でワーキングメモリという語の用法は必ずしも一貫しておらず、情報の操作を伴わず単に一時的に保持しているという短期記憶の意味で用いられていることも少なくない。ワーキングメモリの研究は世界中で盛んに行われている。ワーキングメモリに関する研究成果は、自閉症や注意欠陥多動障害(ADHD)への理解を深め、指導方法を改善に導くのに有用であるとされている。また、人工知能研究にも応用されている。
ワーキングメモリ - Wikipedia




f:id:mako-s-kurowassan0411:20190626154452j:plain




ワーキングメモリは、会話や読み書き、計算の基礎、日常生活・仕事・学習を支えてくれている


f:id:mako-s-kurowassan0411:20190626215215j:plain



ワーキングメモリは一時的に情報を記憶する

 
ワーキングメモリは、一時的に情報を記憶します。。ワーキングメモリでは、新たな情報が入ってくると古い情報はどんどん削除されていきます。



ワーキングメモリの容量は非常に少ない


ワーキングメモリの容量は非常に少なく情報量がワーキングメモリの容量を超えると、ワーキングメモリに蓄えられた情報は次から次へと押し出されてしまいます。

ワーキングメモリの解放には、メモを取ることが有効です。メモを取って記録に残すと、人間の脳は安心してその内容を忘れてしまうということが近年の研究で分かっています。




ワーキングメモリを解放、そして鍛える

瞑想


単純に目を閉じてしばらく目を休める、というだけでも、ワーキングメモリの解放には効果があることが分かっています。人間の脳に流れ込む情報はその大部分が視覚情報であるため、それを遮断するだけでも脳を休めることにつながります。



f:id:mako-s-kurowassan0411:20190626172220j:plain




筋肉を活用


筋肉を作り変える働きが脳内の神経を新たに生み出すことを助け、物理的に記憶能力が上がっていくという副次的効果が生まれます。定期的に身体を動かして筋肉を活用することが、記憶力を保ち、増進することに期待ができます。



f:id:mako-s-kurowassan0411:20190626172233j:plain





普段の生活の中で例えば、物を取りに部屋にいき『あれ?なんだったろう』なんて事ありませんか?『買い物で肝心な物を買忘れる…』etc ワーキングメモリの解放はメモを取る事が有効ですが、目を閉じて『ハンドマッサージ』をするのも非常に効果的です。『ハンドマッサージ』で、ワーキングメモリを解放しましょう~


www.omochinozinseiiroiro.com



私はスーパーに入った途端、買う物を忘れてしまい、帰る途中や家に着いてから思い出したりします。『ワーキングメモリ』の低下ですね。(≧∀≦)

読んでいただきありがとうございました。_(..)_🌻





あれだけ雨の日が続いていたのに…今頃やっと梅雨入り…

f:id:mako-s-kurowassan0411:20190626205841j:plain








にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑
遠慮なさらず押していいんですよ~(〃 ̄ー ̄〃)